RSS | ATOM | SEARCH
雪景色

今朝も雪が積もりました!

 

 

積雪10cm程度。

午前8時の気温、-3℃。

 

いよいよ、除雪機の出番も近し。

積雪といっても、10cmじゃ除雪機は使いません。

現在、中寿美には4台の中古除雪機がありますが(なぜそんなにあるかは、こちら参照→昨年12月4日のブログ)、店長が操作できる唯一のメイン除雪機フジイ君は、メンテナンスを終えて、スタンバイ中。

 

嗚呼、今年もぜひともよろしく、フジイ君。

24年物の熟成除雪機であるキミだけが頼りなのです。

今シーズンも、お互い元気に除雪できますように!

 

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 11:37
-, -, - -
寝坊

寒くなってきました。

朝、暖かい布団から抜け出すのが辛い季節です。

 

でも、どちらかというと、朝型である店長。

夜は9時を過ぎると眠くなるので夜更かしは苦手ですが、早起きはそれほど苦になりません。

 

若い時から「寝過ごす」ということは、ほぼありませんでした。

自分で言うのもなんですが、忘れ物は多いけれども、約束の時間は守るタイプで、遅刻も寝坊もまずしません。

目覚まし時計がなくても、決めた時間にはちゃんと起きることができますが、それでも念のため目覚まし時計はセットする用心深さ。

そして、ベルが鳴る5分前には、必ず目が覚めるのです。

 

ところが、過去に2回だけ、スコーンと穴に落ちるように寝坊したことがあります。

 

1度目は、大学時代の期末試験の朝。

2コマ目のテストが、必修の英語のテストでした。

店長が所属していた学部の学生は、全員受講しなくてはならない必須科目で、そのテストを落としたら1年間受けた講義がすべてパア。

つまり、留年決定です。

 

その英語のテストを控えた朝、店長は独り暮らしのアパートの電話のベルで目が覚めました。

「なんだよー、こんな朝早く」と思いながら、ベッドで寝たまま受話器を取ると、友人の叫び声が聞こえました。

 

「うわあー!! フミコー(店長の名前)!! なんでまだ家におるん?!

 もう1コマ目のテスト終わったで!!

 すぐ英語始まるで!!!」

 

同じ学科の友人のその声で、ようやく時計に目をやった店長、時計の針が英語の試験開始時間の5分前を示しているのを確認。

多分、人生で一番早く服を着て、顔も洗わず歯も磨かず髪もとかさずに部屋を飛び出しました。

幸い、当時大学まで走って5分のアパートに住んでいたので、英語の試験はやや遅刻程度で受けることができた店長。

店長の不在を心配して、テストの合間に電話で起こしてくれた友人には、ただただひたすらに感謝。

無事に卒業できたのは、彼女のおかげです。

彼女、今どうしているかなあ。

 

 

2度目は、社会人になって3年目のある朝。

やはり独り暮らしのアパートのベッドで寝ていると、電話が鳴りました。

またしても、「なんだよ、こんな朝早く……」と思って手を伸ばし、受話器を取った店長。

すると、受話器の向こうから上司の不安げな囁き声が聞こえてきました。

 

「あ……村上さん(店長の旧姓)? どうした? 大丈夫……?」

 

え?! あれ? 今、何時?

そして、部屋の時計が会社の始業時間を40分ほど過ぎた時間を示しているのを確認。

げげげ!

 

さて、ここから店長の脳ミソは猛スピードで回転します。

まず思い浮かんだのは、始業時間を40分過ぎた職場の風景。

1つのフロアに、社長から新入社員まで約20人の社員全員が働いています。

出版社にしてはお堅くて静かなその職場の、店長の所属する雑誌部のデスクはフロアの真ん中にあり、そこで上司が声をひそめて店長に電話をしている……。

おそらく、フロアの全員が、(村上さん……どうした?)と思って聞き耳を立てている。

どうしよう。

とても「今、この電話で目が覚めました」という事実は言えない。

そして、このあと約30分後に、そんな雰囲気のフロアに颯爽と登場するなんて、到底できそうにない……。

 

絶句していると、上司が言いました。

 

「……具合悪いの?」

 

その瞬間に、救われたように店長は答えました。

 

「あ! はいっ! 

 スミマセンっ!!

 熱がありまして、病欠の電話をしようと思っていたのに寝てしまいましたっ!

 本当に申し訳ありませんっ!」

 

すると、上司はややホッとしたような声で言いました。

 

「ああ、そうなんだね。連絡ないから心配したよ。わかりました。じゃあ、お大事に」

 

あー! なんていい上司。

多分、おそらく、絶対に、寝坊したことはバレていたはずなのに。

 

その約10年後、今度は塾に勤めていた店長は、始業時刻を過ぎても出社しない講師に電話する側になりました。

店長がかけた電話の向こうで、弱弱しく、

 

「お、お腹痛い……」

 

と、訴える年下の講師に、

 

「……(寝坊だろ? わかってんだよ)

 いいから早く出社して! 生徒が待ってるから! 走れ!」

 

と、自分が受けた対応とはまったく逆の態度を取っていた店長。

優しい上司になるって、本当に難しいことですね。

でもまあ、あの講師は常習犯だったからなあ。

 

店長は、寝坊っていうとその2回くらいなのだけれども、今でも寝坊する夢をたまに見ます。

もう20年以上も前のことなのに、新卒で入社したあの会社に遅刻して冷や汗をかく夢を見るのです。

夢の中で、サーッと血の気が引くんです。

寝坊、コワイ。

 

朝型なのに目覚ましは絶対に手放せない店長です。

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 09:41
-, -, - -
ヨルナカズミ

年内の営業日も、残すところあと14日。

今年最後の営業日、12月23日(金・祝)は、夜11時まで営業の「ヨルナカズミ」です!

 

P1013642.JPG

 

夕方6時以降は、アルコール&当夜限定メニューも登場しますが、ノンアルコールのスパークリングワイン等もご用意いたします。

お酒NGな方も、夜の雰囲気をどうぞお楽しみください♪

 

もちろん、珈琲1杯だけでも大歓迎!

通常カフェメニューもございます。

どうぞお気軽にご来店ください。お待ちしております♪

 

 

 

さて、本日は朝から雪。

ここ2、3日暖かくて、すっかり油断していましたが、現在かなり本降りです。

ドライバーの皆様、どうぞお気をつけて。

 

P1013645.JPG

P1013632.JPGP1013637.JPG

P1013640.JPGP1013639.JPG

P1013633.JPGP1013636.JPG

 

author:中寿美, category:お知らせ, 09:26
-, -, - -
12月3日(土)営業時間

12月3日(土)は、貸切のため、pm5:00まで(ラストオーダー4時半)の営業となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 08:56
-, -, - -
グランピング

ある日の食事会の事。

メンバーの一人である店長の姉が、言いました。

 

「『グランピング』って知ってる?」

 

『グランピング』とは、ホテルや宿泊施設が提供するキャンプで、「glomorous(グラマラス)」と「camping(キャンピング)」を合わせた造語だそうです。

自然の中で、高級ホテル並みのサービスを体験できるキャンプ。

自分でテントを張ったり、食材を用意したりする必要がなく、手ぶらでOK。

 

姉は続けます。

 

「今日、車の運転中にかけてたラジオで、その『グランピング』について話題になってたの」

 

たびたび、運転中に聞くラジオから流れる情報にイラッとくる姉(2016年5月31日のブログ参照)。

(もしかして、今回も?)と店長が思っていると、案の定、姉は吠えます。

 

「自分で何にもやらなくて、一体どこがキャンプなの?

 何もかもお膳立てしてもらって、ラクして贅沢して、どこがアウトドア?」

 

他のメンバーからも、

 

「そうだよねー。全部サービスしてもらって贅沢したければ、街のホテルでやればいいよね」

 

という声。

その場の雰囲気に流されやすい店長、(うーん確かに)と思いながら聞いています。

すると、メンバーの一人であるKが言いました。

 

「……でも、私、ちょっとソレいいなあ、って思っちゃう。

 だって、全部やってくれるんでしょう?

 面倒なこと抜きで、キャンプが楽しめるのも、いいなあ」

 

流されやすい店長、今度は彼女の発言に、(そうだよね〜。ラクだよね〜。そういう楽ちんキャンプも時にはいいかも〜)と思っちゃいます。

 

すると、姉が言いました。

 

姉:「え、だってだって、自分でやるからこそ、キャンプは楽しいんだよ?!」

 

K:「え〜、やってもらっても、楽しいよぉ。

   全部自分でやりたいの?

   私、やってもらいたい……」

 

姉:「私は! 自分で! やりたいの!」

 

K:「あ!! じゃあ、一緒に行く?(姉と自分を交互に指差しながら)」

 

姉:「……え? 私と?」

 

K:「そうそう!(嬉しそうに) 

  自分で全部やりたい人(=姉)と、やってもらいたい人(=K)とで行けばぁ♡」

 

姉:「……。

  ち、違うよ!! そういうことじゃないよ! 『一緒に』やりたいんだよー!」

 

なんだか漫才を見ているようでしたが、『グランピング』、いろんな考え方がありそうです。

 

 

その翌日、姉夫婦と3人で珈琲を飲んでいる時のこと。

またしても憤然と『グランピング』について説明する姉に、義兄が言いました。

 

「え? 何が問題なの? ちょっとよくわからないな。それのどこがいけないの?」

 

そこでガックリと肩を落としながら、姉が言いました。

 

「『いけない』んじゃないよ。『嫌い』なの!」。

 

うんうん、そうだね。「嫌い」なんだね。

だけど、店長はわかるよ、お姉ちゃんの気持ち。

 

自分でやるキャンプとグランピングの違いは、きっと、

何日も準備してやっと迎えた大仕事が大成功した後のビールと、

何にもしないでブラブラ過ごした休日のビールが、同じビールでも全然味が違うのと一緒かも。

「美味しい」にも種類があるように、「楽しい」にもいろんな種類があります。

 

「ブラブラ休日ビール」も、それはそれで極上だけど、

「大仕事の後のビール」はもう、時間と労力を費やした後に訪れる達成感が作り出す、それを経験した人だけが味わえる至極の味なんです。

 

あれ? だけど、時間と労力をかけた大仕事の後に、『グランピング』するなら……?

ああ、なんだかよくわからなくなってきました。

 

要するに、自力で登って頂上に立つのと、ヘリコプターで頂上に降り立つのでは、山の味わいが違うってことでしょうか。

人生もそうかもしれませんねえ。

 

 

 

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 10:00
-, -, - -
11月29(火)臨時休業&12月の予定

11月29日(火)は、都合により臨時休業いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

そして、いよいよ今年のフル営業もあと1ヵ月。

12月の予定のお知らせです。

 

☆12月の休業日☆ <定休日:毎週(月)&第3(火)祝日の場合は翌日>

 

12/5(月)・12(月)・13(火)・19(月)・20(火)

 ・24(土)〜31(土)

 

※12/3(土)は、貸切のため、pm5:00まで(ラストオーダー4時半)の営業です。

※12/13(火)は、都合により、臨時休業いたします。

※12/17(土)は、貸切のため、pm5:00まで(ラストオーダー4時半)の営業です。

 

年内は、12月23日(金・祝)までの営業です。

そして!

今年も、年内最後の営業日12月23日(金)は、夜11まで営業の「ヨルナカズミ」開催です。

pm6:00以降は、アルコールや当夜限定メニューも登場。

もちろん、通常カフェメニューもどうぞ。

謎の「マスター」も登場するかも?!

今年も皆様のお越しをお待ちしております♪

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 17:04
-, -, - -
11月26日(土)営業時間

11月26日(土)は、貸切のため、

通常営業はpm4:00まで(ラストオーダー3:30)となります。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 09:47
-, -, - -
積雪〜♪

今朝8時のcafé中寿美。

 

 

東京でも初雪が降ったそうですね。

11月に東京で初雪が降るのは54年ぶりとのことですが、飯綱高原で11月に積雪するのは1年ぶりです。

「初雪」じゃないですよ。

「積雪」ですよ。

しかも、去年より2日早い。

 

あっという間に冬景色。

テラスのベンチの様子から、朝8時の積雪は約10センチ。気温は−4℃。

 

 

皆様、タイヤは替えましたか?

スタッドレスタイヤ必須の季節の始まりです。

どうぞお気をつけてお越しください。

白い景色の中で、お待ちしております♪

author:中寿美, category:季節・自然, 08:03
-, -, - -
霧の夕暮れ

日曜日の夕暮れ時。

森に霧が立ち込めてきました。

 

P1013618.JPG

一の鳥居苑地駐車場へ続く散策道。

 

今週末はとっても静かだったcafé中寿美。

紅葉もすっかり終わったこの時期から、雪解けシーズンまで冬季休業になる施設がほとんどなのもうなずけます。

 

P1013616.JPG

 

閉店時間間際の日曜夕方。

ここから一気に暗くなっていくのです。

お客様がいない時間を持て余し、写真を撮ってブログを書き始めて顔を上げたら、とっぷりと日が暮れておりました。

戸隠方面からバードラインを走り降りる車のライトもよく見えます。

いつものことながら、

(戸隠には、たくさん人が行ってたんだなあ……しんみり)

と遠い目をして、バンバン通り過ぎる車のライトを眺める店長。

 

とはいえ、辺りが暗くなったからって、店長まで暗くなったりはしません。

過去の気の遠くなるようなヒマ地獄を経験した店長は、これしきの静かさでめげたりはしないのです。

さっそく、店内で独りストレッチをして、今朝行われた地域の側溝一斉清掃の疲れをほぐす店長。

 

朝から肉体労働をしたせいか、売上がパッとしなくても働いた感があります。

お腹も空いてきました。

 

さて、そろそろ閉店時間となりました。

本日ご来店いただきましたお客様、ありがとうございました。

皆様(常連様ばかりでした)に、素晴らしいことがありますように。

 

また来週も、お待ちしております♪

 

P1013622.JPG

P1013623.JPG

 

 

 

 

 

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 17:35
-, -, - -
Tさん

飯綱高原に住み始めてから、店長が大変お世話になっているご近所のお客様、Tさん。
中寿美オープン以来の常連様で、店長の母世代の大先輩ですが、なんだか親しい友人のような気になっている店長。
このTさん、見とれるほどの美女なのに、ちょっぴり抜けてるところがあってすごくお茶目なんです。

ある日の、Tさんが来店されて帰った、しばらく後のこと。

店長、店のレジの脇にいつも置いている自分のケータイがないのに気づき、家の中、バッグの中、車の中、大慌てで探していました。
店の固定電話から自分のケータイを鳴らしましたが、着信音はどこからも聞こえず。
「あー、どこかに置いて来ちゃったんだなあ……」と、自分の行動履歴をフルスピードで思い出していたところ、突然手に持っていたコードレス電話が鳴りました。
出ると、受話器からは、さっきお帰りになったTさんの声。

「フミコさん(店長の名前)、もしかしてケータイなくした?」

その言葉に、店長ビックリ。
なんで知ってるの?! 
オロオロ探している店長のこと、どこかで見てる? 

なぜわかるの? 
そう思った店長ですが、続けてTさんは言いました。

「あのね、今、うちにね、私のケータイじゃないケータイがあって、鳴ってたの。

 そしたら、その鳴ってるケータイの画面に『中寿美』って出てたのよ……。

 私、もしかして持って来ちゃったのかしら……」

……。
Tさん、さきほどレジでお金を払う際、脇に置いてあった店長のケータイを、自分のケータイだと思って持って帰ってしまったのです。
「いつもケータイを忘れるから、目に入ったとたんについ『しっかり持って帰らなくちゃ』と思ってしまった」らしいです。
スゴイ。
でもさらにスゴイのは、Tさんと店長のケータイ、形も色も違うんです……。


さらにある日。
映画好きなTさんと、映画の話になった時のことです。

Tさん:「私、あの映画は可哀想でたまらなかったわ。

   子供のロボットの話で、上手な子役の男の子がやっていた、

   ほら、あの映画、なんて言ったかしら……」

店長:「ああ、『A.I』ですか?」

Tさん:「そうそう! 

   どうしてあんな可哀想な映画作るのかしら。

   ホントもう、たまらなかったわ。

   その……

   『I.T』でしたっけ?」

店長:「……。いや、『A.I』です」

Tさん:「ああ、そうそう。

   ホントに切なかったわ。

   もう二度と見られないわ、あんな可哀想な映画。

   その……

   えーっと………『E.T』?」
 

『A.I』!!

『A.I』だよ!!

もはやいずれのアルファベットもかぶってないけど、監督は同じってところが奇跡的。


わざとじゃない。天然なのです。

料理、園芸、除雪に草刈り、力仕事まで、なんでもバッチリこなすスーパー主婦のTさん。
おまけに美人ときたら、ちょっと笑えるエピソードでもなかったら近づきがたくていけません。
これからも、楽しい天然っぷりを期待しております!

 

(Tさんの許可を得てUPしております)




 

author:中寿美, category:, 08:10
-, -, - -