RSS | ATOM | SEARCH
夕立の日曜日

日曜日の夕方、飯綱高原は久しぶりの雷雨に見舞われました。

 

P1013153.JPG

 

ずっと雨不足が続いていたので、森の植物たちには恵みの雨。

だけど、大きな雷が2回ほど近くに落ちて、停電になった地域もあるようです。

蒸し暑かった店内に、すぅーっと涼しい風が入ってきました。

 

店内には2人の常連様。

雷雨の直前に、徒歩にてお帰りになった別のお客様を心配しています。

店長、折り畳み傘はお貸ししたけれど、この雨では完全にずぶ濡れかもしれないなあ……。

 

P1013159.JPG

 

そのうち雷がやんで、雨は降り続きながらも、空が明るくなってきました。

太陽の光に照らされる雨のしずくと、光を受けて輝く木々の葉。

 

「なんて綺麗なんでしょう……」

「妖精がいますね、これは」

「うん、いるいる、見えないけど」

 

しばし、水と光の景色に見とれる我々。

 

とても良い時間が流れた日曜日の夕方でした。

 

P1013151.JPG

P1013155.JPG

 

author:中寿美, category:季節・自然, 09:55
-, -, - -
夏の終わり

お盆も過ぎて、朝晩すっかり涼しくなった飯綱高原。

今朝8時の外気温、20℃。

 

夏の賑わいもひと段落といったところでしょうか。

あ、中寿美だけですか?

 

セミは、まだまだ元気に鳴いています。

 

P1013129.JPG

昨日、玄関ステップにいたエゾゼミくん。

外骨格ゆえ右肩、陥没骨折。

どこかに強打したのか?

 

「ガネーシャ?」

P1013130.JPG

 

「誰?」

P1013131.JPG

 

三者会談。

P1013132.JPG

 

エゾゼミくん、今朝も玄関にて存命中です。

 

 

夏の花が競って咲いています。

P1013140.JPGP1013142.JPG

P1013136.JPGP1013135.JPG

P1013134.JPGP1013133.JPG

P1013143.JPGP1013126.JPG

 

今年も、今のところ、いろいろ豊作な予感。

P1013137.JPGP1013139.JPG

P1013144.JPGP1013141.JPG

 

夏の名残の飯綱高原café中寿美です。

author:中寿美, category:季節・自然, 08:36
-, -, - -
小さなチェンバロコンサート2016

今年も手作りチェンバロのharuさんがやってきますよ!

 

岐阜県加子母に暮らす、古楽器奏者のharuさん。

東京芸術大学音楽学部楽理科およびノルウェー国立音楽大学卒業。

車に、自作の小さなチェンバロを積んで、全国各地へ演奏を届けてくれます。

 

小さなチェンバロ、バッハと出会います。

私達の時代とバッハの時代はどうつながっているのでしょう。

もちろんバッハを取り巻く様々な音楽家の名曲も取り上げます。

新作の『こどもチェンバロ』も登場予定!

どんな音がするのかな…

平和な世界を思いながら、奏で、歌い、語ります。

 

♪小さなチェンバロコンサート2016♪

 

日 時:2016年9月11日(日)

       pm3:00 start(2:30 open)

 

料 金:2000円(1ドリンク付)

 

場 所:café中寿美(電話026-239-1250)

 

 ※席に限りがございます。必ずご予約をお願いいたします。

 

 予約・詳細:café中寿美まで

 

author:中寿美, category:お知らせ, 11:49
-, -, - -
お仕置き

6月から7月にかけて、café中寿美周辺に頻繁に出没してご近所をにぎわせていたクマ。

7月末に、近隣に設置された罠にかかったとの回覧が回りました。

その後、ピタリと出没情報が止んだので、捕獲されたのはおそらく件のクマの模様。

さて、罠にかかったそのクマが、その後どうなったのか気になるところですが、噂によると「お仕置き」されて、山に返されたとのこと。

 

「お仕置き」って、いったいどんなお仕置きだろう?

一般的には、唐辛子スプレーが有名ですが、店長、自分が受けた「お仕置き」が、真っ先に思い浮かんでしまいます。

それは、「蔵に閉じ込められる」。

 

何をしでかしたかは、まったく記憶にないけれど、小さい頃、母にきつく叱られたのち、重い扉を閉めると真っ暗闇になる蔵に、よく閉じ込められました。

姉と一緒に閉じ込められたこともあります。

叱られたショックと暗闇の恐怖で、しゃくりあげて泣く店長に、常に前向きな姉は言いました。

 

「怖くないよ。お姉ちゃんがいるよ」

「楽しいこと、考えようよ。しりとり、する?」

「そのうち絶対扉が開いて外に出られるんだよ」

 

今思うと、自力で蔵の扉を開けられないほど幼かったにもかかわらず、姉は当時から妹思いでポジティブで、頼りがいがありました。

それに引き換え、恐怖と絶望感でしりとりなんかやる気になれず泣き続け、つくづく甘ったれで悲観的でぐずぐずだった店長。

 

そして姉の言うとおり、必ずまばゆい光と共にキキィ〜と音を軋ませて、重い扉は開くのです。

「必ずなんとかなる。なんとかならないことなんて、きっとないんだよ」

大人になっても姉のこの言葉で勇気づけられる店長ですが、幼児の頃から姉は漢でした。

 

その後、ついに姉が扉を開けて脱出するようになり、そのお仕置きも終了することになるのですが、姉ほど楽観的でなく、自ら重い扉を開けようというチャレンジ精神も薄かった店長は、蔵に閉じ込められただけでもう、悲壮感MAX。

 

あのクマが店長タイプだとすると、罠にかかって自由が利かない時間を過ごしただけで、クマには十分お仕置きだったかも。

だけど、姉タイプのクマだったら、他のお仕置きが必要です。

やっぱり、廊下に立たせるとか? 1時間正座とか?

友人相手に、「お仕置き」について考えあぐねる店長に、不敵な笑みを浮かべた友人が言いました。

 

「お仕置きっていったらさあ、やっぱり、爪を、1枚1枚剥がすとか?」

 

……それ、「お仕置き」じゃなくて、「拷問」だよね?

恐ろしすぎる。

 

うちの母のお仕置きが、爪剥がしタイプじゃなくて良かった。

蔵は怖かったけれど、頼りになった姉の記憶は良い思い出です。

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 08:07
-, -, - -
高校球児

小中学生の頃、高校野球の選手がすごく大人に見えました。
自分が高校生になっても、とても同年代とは思えず、高校を卒業してずいぶん経つまで、高校球児の方がずっと年上に思えました。

さすがに現在40代である店長、高校球児を見て「若いなあ」と思うようになって久しいです。


甲子園で真剣勝負をする高校球児は、堂々としていて、冷静で、それでいてひたむきで純粋。
何かに打ち込む「純粋な姿」というのは、人を大人に見せるのかもしれません。

久しぶりに高校野球を、そんなことを思い出しながら見ていました。
すると、一緒に見ていた夫が言いました。

「高校野球の選手ってさ……」

と言い出したので、ああ、彼も同じことを考えているな、「自分より大人びて見えたものだ」と言うんだろうな、と思ったのです。

テレビ画面は、試合終了のサイレンとともに、勝利したチームの校歌が流れます。
夫は続けました。

「野球だけじゃなくて歌も上手いんだなぁって……」

……え?

画面には、泣きながら校歌を歌う球児。
そして、太い美声で流れる校歌。
い、いやいや、この素晴らしい歌声は、高校球児の声じゃないでしょう!?
どう考えても、あらかじめ録音された、プロもしくはそれなりの合唱団が歌ったもののはず。

「ずっとそう思ってたんだよ。あ、いや、さすがに今は違うよ」

あわてて夫が言います。
今もそう思ってたら、スゴイよ!
ビックリしちゃうよ!

目にした映像を、そのまま疑いもなく長きにわたって信じるその姿は、ある意味純粋。
でも、高校球児と違って、そんな姿が子供に見えるって、どういうことかしら……。
ときどき妙な思い込みをしがちな、心は小2の夫です。



 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 08:01
-, -, - -
土日モーニング営業中!

8月(土)(日)だけのモーニング、今週末より絶賛営業中です。

 

P1013105.JPG

 

絶賛営業中ではありますが、今のところ、常連様方がチラホラくらい。

モーニング営業中にブログをアップできる状況。

というわけで、ややお客様不足ではありますが、お客様にはゆったりモーニングサービスをご利用いただけたと思います♪

 

朝が一番気持ちがいいんですよー。

この時期、さすがの高原も暑くなるのですが、それでも午前7時半の気温は、このとおり。

22℃(左の数字が摂氏です)。

 

P1013115.JPG

ただし、昨日はこの6時間後には29℃になりました……。

なんか、今までで一番暑い気がします。

 

テラス席は、午前中は日陰になるので過ごしやすく、店内も風が抜けて、涼しい〜。

テラスにて新聞を読みながらの珈琲、お楽しみいただいております。

来週末も、午前7時半より、お待ちしております♪

 

P7073113.JPGP7073112.JPG

P1013123.JPGP1013124.JPG

P1013119.JPGP1013122.JPG

P1013126.JPGP1013125.JPG

P1013117.JPG

author:中寿美, category:お知らせ, 08:39
-, -, - -
限られた時期の記憶

ここ6、7年間ぐらい、ある季節になるとご来店してくださる常連様がいらっしゃいます。
年に1、2回ほどのご来店ですが、そのたびに、

「店長、ずいぶん明るくなったね。
 最初に来た時なんか、ホント暗くて、今と全然、顔が違ったよ」

と、おっしゃいます。

毎年、第一声が、

「イヤ、明るくなって別人だよね!」とか、

「あれ、なんか若くなった? 前は暗かったよね?」とか、

「イイ顔になった! 昔、暗くてさー」とか、

さらには、
「あのね、この人、前はすごく暗かったんだよ」とお連れ様にご説明の年も。

なんか、すいません……。
店長、過去に相当、暗い接客をした模様。

たしかに店長、「世界の不幸を全部背負っている」つもりで落ち込んだ時期が、約1年間だけありました。
今となってはあんまり記憶もない、あの1年間。
その時の底なしの暗い印象が強烈のようで、もうずいぶん経つのに、ご来店のたびに挨拶のように「暗かった」と口にされるお客様。
でも多分、暗かったのって、そのお客様にとって最初の1回だと思うのです。
その後、10回以上、明るい接客してると思うんだけどなあ。
その節は、本当に申し訳ありませんでした。
初回の鮮烈な悲壮感漂う接客にもかかわらず、その後もご来店いただけたこと、心から感謝しています。

そして、「あれ? 似たようなこと、前にもあるなあ」と気づいた店長。
そういえば、20歳の頃、1年間だけ激太りした時もそうでした。
一人暮らしを始めて、お酒も飲みだして、好きな物ばかり好きな時に飲み食いして、おまけに失恋してやけ食いして気づいたら、なんとなんと10キロ増。

ちなみにこの時期に成人式の記念写真を撮ったので、これまでの人生で最も太った店長が、振袖にくるまれた豚さん状態で立派に記録されています。

おまけに写真屋さんの勧めで、店長のその振袖写真を当時流行っていたテレホンカードにしてしまったうちの母。

あのテレカ、まさか親戚に配ったりはしていないだろうな?


さすがにこれはいかんと摂生して、1年もしないうちに痩せて戻したのですが、そのたった1年間の太った時期の店長は、人様の思い出には強烈な記憶となって残るのです。
会うたびに、「痩せたね!」と、本当によく言われました。

「いや、太ってたの、あの1年だけだし!」
「痩せてから何回も会ってるし!」
「痩せてる時の方が、たくさん会ってるよね?」
「太ってた時に会ったの、1回だけだよね?」

と、毎度毎度心の中でツッコミを入れていた記憶があります。
毎日顔を合わせる人には、一時的な状態はそれほど記憶に残らないようですが、初回や、微妙な頻度で会う相手の印象って、かなりの強度で印象に残ってしまうようです。

どんな出会いも、一期一会。

気をつけねばなりません。

 

あー、もう二度と激太りしたくないし、暗い接客もしてはいけないなあ、と反省しきり。

そして、「あ! そういやどっちも同じ原因だわー」と気づいて、成長しない自分に情けなくなる店長です。




 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 08:36
-, -, - -
8月の予定

8月の予定のお知らせです。

 

☆8月の休業日☆ 定休日:毎週(月)&第3(火)<祝日の場合は翌日>

 

8/1(月)・8(月)・15(月)・16(火)・22(月)・29(月)・

 30(火)

 ※8/30(火)は、都合により臨時休業となります。

 

☆8月(土)(日)のモーニング☆

 

8月中の(土)(日)のみ、am7:30〜9:00まで、限定メニューにてモーニング営業いたします!

先日のお知らせブログで、「am」を「pm」と書いてしまいましたが(すでに訂正済。すみません)、朝7時半からですよ〜!

 

モーニング営業限定メニュー

モーニングセット ¥500 (売り切れ次第終了)

 (トースト・ゆで卵・サラダ・ドリンク)

・ドリンク単品 ¥300

 珈琲・紅茶・オレンジジュース・りんごジュース・しそジュース

 

 

 

夏の高原で、皆様のお越しをお待ちしております♪

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 08:10
-, -, - -
風邪

3日間臨時休業となりまして、誠に申し訳ありませんでした。

本日7月29日(金)、営業しております!

 

昨日は予定していた臨時休業でしたが、店長の風邪にて突然の2日間の休業、重ねて申し訳ありません。

おかげさまですっかり回復いたしました。

ありがとうございました。

 

若い頃は、丸一日寝れば治った風邪。年を取ると、長引きますね……。

基本的に、風邪の症状で病院には行かず、なるべく薬も飲まずに「寝て治す!」派の店長ですが、今回は根負けして行ってしまいました。

 

布団にくるまった店長、鼻の奥が痛いので、鼻をつまんで口呼吸をしてみる。

すると、鼻の痛みがやや治まり、今度は喉の痛みがひどくなる。

 

そこで、呼吸の順番を、鼻→口→鼻→口……と交互に続けていく。

でも、しばらくはそれでしのげても、そのうちどちらで呼吸しても、どちらも痛くなる。

 

仕方がないので試しに、鼻と口を両方押さえて、息を止めてみる。

「あ! これが一番ラク!」

って、それじゃ呼吸ができませんよ!

 

痛みと呼吸困難と発熱で、頭がボーッとしながら、「耳で呼吸ってできないのかなあ」とボンヤリと考えたりした3日間。

でも、おかげさまですっかり回復いたしました!

治ってみると、普通に呼吸できることがどんなに素晴らしいことか、実感します。

スッと鼻を通る空気。

息を吸っても痛くない喉。

発熱していない体の軽さ。

ありがとう、私の体。

 

臨時休業にて、ご迷惑、ご心配をおかけいたしましたが、おかげさまですっかり回復いたしました。

ありがとうございました。

 

呼吸がすんなりできる幸せを実感している店長、鼻息荒めで皆様のご来店をお待ちしております♪

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 10:07
-, -, - -
7/27(水)・28(木)臨時休業

7月27日(水)は、店主体調不良により、休業いたします。

大変申し訳ありません。

 

また、7月28日(木)は、都合により臨時休業いたします。

 

連日の休業となりまして、誠に申し訳ありません。

 

author:中寿美, category:お知らせ, 07:00
-, -, - -