RSS | ATOM | SEARCH
2月の営業日

2月の営業日のお知らせです。

 

☆2月の営業日☆ 冬季(1月〜3月)は(金)(土)(日)のみ営業

 

2/1(金)・2(土)・3(日)

 8(金)・9(土)・10(日)

 15(金)・16(土)・17(日)

 22(金)・23(土)・24(日)

 

P1016268.JPG

 

P1016257.JPGP1016259.JPG

P1016252.JPGP1016260.JPG

P1016266.JPG

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 20:44
-, -, - -
バレンタイン週末

昨日はバレンタインデーでしたね。

といっても、近ごろはハロウィンに押されて、バレンタインデーはそれほど盛り上がっていないそうで。

世の中の流れに疎い店長ですが、1日遅れで中寿美のガトーショコラ、「バレンタインバージョン」が登場です!

 

P1016320.JPG

 

いつものキルシュ漬けチェリーの入ったガトーショコラに、ただチョコレートをかけただけ。

お値段もいつもと変わりません。

このチョコレートの「垂れる」感じ、子供の頃に憧れたなあ。

 

「あ、今年のバレンタイン、忘れてた」

「今さら夫にチョコなんて……」

「たまには自分にチョコレートのご褒美を」

なんていう皆様、今週末は中寿美でガトーショコラ、いかがでしょうか?

テイクアウトはやっていないので、店内で珈琲と一緒にぜひどうぞ♪

 

P1016330.JPG

author:中寿美, category:メニュー紹介, 09:26
-, -, - -
詐称ではありません

季節ごとに発行している『中寿美だより』に、お客様からの質問に店長が答えるQ&Aコーナーがあります。

常時質問募集中のため、ご来店中の友人に「何か質問ないー?」と尋ねたところ、友人がいたずらっぽく笑いながら言いました。

 

「ああじゃあ、

 『都内の出版社で勤務した経験のある文学女子の店主』がおススメする本は?

 とかどう(笑)?

 見たよ、この間掲載された雑誌」

 

……。

先日、中寿美が雑誌に掲載されて、そこに店内の本棚とともに『都内の出版社で勤務した経験のある文学女子の店主がセレクトする本は……』と載っていたのです。

 

「いや、アレは私が書いた訳じゃないし。そして嘘ではないわけで……」とアタフタと口ごもる店長をニヤニヤと見つめる友人。

そしてたまらず、

 

「ハイハイ、たしかに東京の出版社に勤務経験はありますが、私が勤務したのは医学書専門出版社でした。

 作っていたのは、医学用語ばかりの医師の書いた医学専門書でしたよ」

 

と、白状する店長。

新入社員として初めて担当した本の名前は『覚せい剤依存症』だったし、隣の席の先輩は『大腸内視鏡』という本を担当していました。

社内では日々、「おい、『覚せい剤』どうなった?」「『大腸』の〇〇先生からお電話です!」「来月の特集、『肥満』だから」などという会話が飛び交っていた編集部。

文学、全然関係ない。

 

今思うと、なかなか特殊な世界で貴重な体験だったなあ。

それに、映画や文学好きの知的でいい人ばかりの会社だったなあ。

店長の読書傾向とか、映画の好みとか、この時期の会社の先輩たちの影響が大きい気がします。

だから、中寿美の本棚が『都内の出版社に勤務した経験のある文学女子の店主のセレクト』であるのは、間違いではないということになります。

 

というわけで、『覚せい剤依存症』を担当していた医学専門出版社に勤務経験のある店主がお勧めする中寿美の本は、『あるかしら書店』『パリのすてきなおじさん』『寄りかからず』『ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』等々です。

医学、全然関係ない。

店内で読み切るのにちょうどいい分量で、ほっこり系、しんみり系、お笑い系を挙げてみました。

美味しい珈琲とゆったりと流れる時間のお供に是非どうぞ。

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 08:43
-, -, - -
足形

今朝の積雪10センチほど。

午前10時の気温、−5℃。

 

P1016309.JPG

 

中寿美入口のサラサラの雪を取り除くと、その下に化石のような足形発見。

 

P1016306.JPG

 

一週間ほど前の雨でシャーベット状になった時の足跡が、その後の冷え込みで凍りつき、そのまま保存されています。

「犯人は誰だ!」という状態。

 

P1016307.JPGP1016304.JPG

 

今日のお天気は、時おり覗く青空と、チラチラと舞う雪。

店内の室温は24℃。

薪ストーブで暖かくして、お待ちしております♪

 

玄関.jpgP1016316.JPG

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 11:44
-, -, - -
輝く場所

フィギュアスケートの高橋大輔選手を見ていると、氷の上が彼の一番輝く場所なんだろうなあ、と思います。

テレビの仕事やダンスの舞台も経験して、でも「やっぱりスケート」と本人も感じて現役復帰したらしいです。

 

逆のパターンもあります。

何年か前のことですが、姪っ子を連れて隣に住む姉夫婦と我々夫婦と5人で、エムウェーブにスケートに行った時のこと。

スキーが上手くて登山も自転車もやって、デッキや小屋を基礎から作って除雪機や車を直しちゃう夫は、山にいるとピカピカに輝いているので、「超頼れるぅ」とか思っていた店長。

ところが、レンタルのスケート靴をハの字に履いた及び腰の夫は、「ヘタな人だ!」と一発でわかる氷上の立ち姿で、かなり衝撃を受けました。

この衝撃は、中学の頃、球技ができて背も高かったわりとイケメン君が、水泳の時間にあり得ない体勢で息継ぎをしているのを見た時以来。

 

夫に向かって「うわ、その立ち方カッコ悪! ヘタって一目瞭然だよ」と爆笑する店長に対して、「そっちこそ、何そのおぼつかない滑り。スケート速かったとか、記憶違いじゃないの?」と返す夫。

店長、小学校の頃に町内スケート大会で優勝した経験もあるのですが、30年以上のブランクは侮れず、びっくりするほどへっぴり腰になっていました。

 

リンクの隅っこで、滑りも会話も低レベルの小競り合いをする我々夫婦。

すると、姉夫婦がマイスケート靴を装着して颯爽と登場しました。

姉夫婦は、アイスホッケーで知り合ったカップルなのです。だから自分達のスケート靴があって、レンタルする必要なし。

社会人チームで続けていたから、多少ブランクがあっても滑りが板についています。

姉も上手いけれども義兄の滑りの美しさと言ったらもう、リンクにいる皆が目を奪われるほど。

なんというかその様は、上手いからって「オラオラ感」を出すわけではなく、陸にいるときの義兄同様謙虚でありながら、どうにも滲み出てしまう「上手い人」オーラの輝きです。

「おにいちゃん、陸の上よりずっとカッコイイ!」と思ってしまいました。

ふと目を転じると、「ヘタな人」オーラを放って氷の上を這う夫。逆に存在感あり。

 

そしてスケート初体験の姪っ子は、若さとガッツでひたすら練習に励んでいました。

そのひたむきさに、知らないおじさんが指導をしてくれるほど。

短時間で初心者と思えないほど上達した姪っ子も、それはそれは輝いていました。

若さとガッツとひたむきさ、自分に無いものって輝いて見えます。

 

そういうわけで、人それぞれ、誰にでも輝く場所があるのです。

店長の場合は、café中寿美、だといいなあ。

小4時のスケート大会優勝が唯一の、一瞬の輝きではありませんように。

 

皆様の輝く場所はどこですか?

珈琲飲みながら考えてみてはいかがでしょう。

冬の間は(金)(土)(日)にお待ちしております♪

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 13:18
-, -, - -
冬の森の景色

昨日の夕暮れの空の色が綺麗だったので、撮影を試みました。

 

P1016294.JPG

 

でも違うんです。

この写真よりも、もっと鮮やかで濃く、もっと美しかったんです……。

透明感のあるインディゴブルーの空、そこに葉を落とした木々の影、その裾に輝くオレンジ色に近い黄色。

なんとも美しくて、甘くない、きりりとした青と黄色のグラデーション。

 

自然は様々な色を教えてくれます。

そんな森の景色から生まれたこぎん刺し。

 

P1016291.JPG

 

スキットルカバー&ブックカバーは、楓さんの作品。

売り物ではないけれど、あんまり素敵なので店内に展示してあります。

 

森の色を楽しみに、飯綱高原に来て見ませんか。

美味しい珈琲を用意して、今日もお待ちしております♪

 

P1016300.JPG

P1016303.JPGP1016296.JPG

 

author:中寿美, category:季節・自然, 09:43
-, -, - -
ぎんは知っている

犬は、時間の感覚があるのでしょうか。

 

店長、隣に住む姉夫婦の飼い犬「ぎん」の、平日の散歩担当です。

平日のだいたい決まった時間に1日に2回、トイレに連れ出し、夕方はご飯をあげています。

お隣の玄関を開けて、「ぎん〜、散歩だよ〜」と声をかけると、無言でスタスタと出てきて「ハイハイ、行きますかね」という感じで大人しくリードに繋がれてトイレに行くぎん。

 

毎回無言で出てくるくせに、店長がいつもより遅れて訪れた時に限って、「ゥウゥー」とか「ゥワン!」とか、まるで「遅いよ!」「何してたの!」と非難するような声を上げて玄関に登場するのです。

時計でも見ているんだろうか。

 

さらに、土日に姉夫婦が不在の時は、週末でも店長が散歩させることが稀にあるのですが、そんな時、ぎんは玄関に出てくるなり、「ゥゥゥワーン、ワンワン、ゥワーン!」と、やや長めに抗議します。

まるで「週末なのに、飼い主夫婦がいないって、どういうこと?」「なんで今日、散歩担当店長なの!」と言っているよう。

平日と週末の区別もついているようなのです。

 

店長が旅行などでしばらくぎんの散歩をしない日が続いたりすると、留守明け最初に訪れた時などは、「ゥワーン、ゥウォーン、ゥゥウワーン、スピィ〜スピィ〜〜」とすがりつくように駆け寄って来て、「どこ行ってたの〜! 心配したよ、もう〜!」という素振りを見せます。

自分の長期不在を不審に思って、心配してくれていたんだなあ、と嬉しくなる店長。

 

やっぱり犬は、時計も見てるし、カレンダーも理解しているに違いない。

もしかしたら、飼い主のスマホだって見ているかも。

恐るべし、犬。

遅刻に気をつけようと思う店長です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アタシはミニチュアシュナウザーの「ぎん」。

お隣のcafé中寿美の店長が、私のトイレ係なの。

でもこの店長、遅刻が甚だしくて本当に腹が立つわ。

決まった時間に決まったことができないって、人としてどうなの?

アタシが何度小言を言っても、「あー、はいはいごめんねー」とか「もしかして時計見てるの?」とか、なめんじゃないわよ!

犬は時計なんかなくっても時間がわかるのよ!

 

週末はご主人夫婦との散歩を楽しみにしているのに、たまに留守で店長が担当することがあるんだけど、もうホントがっかりなのよ。

つい、「なんで週末まで店長の散歩なのよ! やってらんないわ!」って言っちゃうの。

 

それから、長期間にわたってトイレ係をサボるのはいただけないわ。

アタシのトイレだって我慢の限界があるのよ。

だから何日もサボった後はキツイお叱りを与えるの。

店長の膝めがけて突進して恫喝するんだけど、そんな激昂ぶりでもアタシの怒りが全く伝わらないのが不思議。

そのニブさにさらにヒステリックになって、「スピィ〜」なんて声が出ちゃうの。

 

挙句の果てに、「ぎん、カレンダーも理解してるのかもね〜」とかほざく店長。

なんてバカなの!

 

いーい? よく聞いて。

時計もカレンダーもなければ時間の感覚がわからなくなるのは、人間だけよ!

言葉が無ければ相手の気持ちがわからないのも、人間だけよ!

他の生き物は、時計や言葉みたいな道具は必要ないの。

時を知るのに時計は要らないし、相手を理解するのに言葉も要らない。

どうして人間は、そんな道具に頼らないと何にもわからないのかしら?

 

人間ってホント、おめでたい生き物だわ。

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 14:45
-, -, - -
降りましたよ

昨日のブログで、「そんなに積もってないですね」なんて書いたせいでしょうか。

昨日午後から本格的に降り出しました。

今朝の積雪は15センチほど。

朝5時除雪開始、7時前には全面終了。

 

P1016286.JPG

 

今年は「暖冬」だとか「雪が少ない」とか言われていましたが、ちょこちょこと降っているので、それなりに積雪しております。

右手前に今朝もがんばった中古除雪機フジイ君(26歳)。

 

P1016281.JPG

 

強力で優秀な中古除雪機「ヤナセ君」登場の2年前から、フジイ君の方は「引退するする詐欺」状態でいまだ現役。

ヤナセ君はほぼ夫用除雪機になっているため、フジイ君は店長専属です。

引退どころか、今シーズン絶好調で店長との息もピッタリ。

始動前には「今日もよろしく。頼むよ〜」と声をかけ、作業終了後は優しく雪を落としながら、感謝とともに「ありがとう。お疲れ様。ホント助かるよ」とナデナデ。

マジで可愛くって仕方がないです。

 

油漏れが疑われるので、作業の前後に燃料コックを毎度開け閉めしなくてはならなかったり、燃費が異常に悪かったり、26歳というお歳を考慮した気遣いが必要ではありますが、フジイ君は手離せそうもありません。

 

今朝7時の気温、−7℃。

店内の気温、20℃。

暖かくしてお待ちしております♪

 

P1016284.JPG

P1016288.JPG

P1016289.JPG

author:中寿美, category:季節・自然, 08:23
-, -, - -
冬の作品展

本日、café中寿美周辺の積雪は、5センチくらい。

そんなに積もってないですね。

 

さて、冬の間の作品展、店内にてぼちぼち始まってます。

 

染め、紡ぎ、編みまで手仕事の、楓さんによる帽子やネックウォーマー&リストウォーマー。

森の色を採ってきたような色合いで、ふんわり優しく暖かい。

 

P1016270.JPGP1016272.JPG

P1016271.JPG

 

 

こちらはTomさんによる陶器でできたアクセサリー。

意外と軽くて、小さいけれどたしかな存在感を放っています。

 

 

 

+αさんのアクセサリー。

冬の耳元をキラキラにしてくれそう。

 

 

白い森の中に、素敵な小物が揃いました。

冬の装いにかがでしょうか。

お待ちしております♪

 

author:中寿美, category:お知らせ, 10:45
-, -, - -
謹賀新年&1月の営業日

新年あけましておめでとうございます!

今年のcafé中寿美も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

1月の営業日のお知らせです。

冬季(1月〜3月)は、金・土・日のみの営業となります。

 

☆1月の営業日☆

1/11(金)・12(土)・13(日)(店主インフルエンザのため)

  18(金)・19(土)・20(日)

  25(金)・26(土)・27(日)

 

P1016189.JPG

 

P1016187.JPG

 

2019年も、皆様のお越しを心よりお待ちしております♪

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 20:23
-, -, - -