RSS | ATOM | SEARCH
レアチーズケーキ比べ

先日行った上高地でのことです。

 

帰りに通過した某『1500メートル』ホテルの前に、レアチーズケーキの写真付きメニューが出ていました。

そのレアチーズケーキが、中寿美のレアチーズケーキと、見た感じがよく似てたんです。

世界の上高地の一等地にある上品なホテルのケーキと、見た目が似ているとはいえ、張り合うつもりは毛頭ないのですが、店長、つい見てしまいました。お値段。

すると、予想はしていたものの、中寿美の倍以上の表示価格。

(うおぉぉぉ……)と心で唸っていると、同行の友人2名もやってきました。

 

友人A:「あ! 中寿美のケーキに似ているね!」

友人B:「ホントだ!」

店長:「そ、そうだね……。だけど、お値段が倍以上するよ……」

友人A:「うっわー。ホントだ」

店長:「で、でも、そりゃあ、味もサービスも、中寿美とココじゃ当然違うもんね……。仕方ないね……」

 

自信なくつぶやく店長に友人が言いました。

 

友人B:「あ! でも、ブルーベリーのソースが、違う」

店長:「ん? ソース?」

友人B:「中寿美はブルーベリー3個だけど、この写真だと、ソース、すごいたくさんかかってますよ!」

友人A:「そうだね! その違いだね!」

店長:(え? ソースだけで、400円以上するってことになるな。

   珈琲とセットにすると、1000円以上のソース……。えええー……?)

 

戸惑う店長を置いて、友人2人はさっさとお土産売り場へ移動。

地価がどうの、ブランドがどうの、材料や技術や量、サービスに雰囲気、いろんな価値をあーだこーだと検討し、自分の店の商品に対する自信がぐらぐらと揺れていたのですが、「ブルーベリーの数だね!」で片づけた友人達に、なんだか励まされたような気持になった店長。

たびたび他店と比較しては自信喪失になるメンドクサイ店長、中寿美繁忙期のバイトメンバーでもある彼女たちに、いつも助けられています。

 

価格設定は悩ましい問題ですが、中寿美レアチーズケーキも、どうぞよろしくお願いいたします♪

 

P5231471.JPG

中寿美レアチーズケーキ

 

 

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 08:22
-, -, - -
上高地2017

また行ってきました、上高地。

今回は、ヨガ友女3人ツアーです。

 

梅雨の真っ只中に日程を設定し、雨降りは覚悟していたにもかかわらず、当日は信じられないほどの晴天。

 

P1014231.JPG

河童橋より。

絵ハガキでよく見る景色そのまま!

ここ数年、毎年訪れている上高地、こんなに晴れたのは初めてです。泣きそう。

 

焼岳も丸見え。

P1014227.JPG

 

「私達、日ごろの行いがいいんだね!」と、何度も繰り返しながら、女3人意気揚々と森の中を進みます。

 

P1014164.JPG

P1014166.JPG

P1014165.JPG

P1014169.JPG

 

まさに緑の天国。

 

明神池。

P1014181.JPG

P1014183.JPG

P1014197.JPG

 

明神池にはね、神様がいるんですよ。

何度も行ってますが、本当にいますね、これは。

圧倒的な、大きな存在を感じますね、ここは。

いかにも「ワタシわかる!」的に言ってますが、穂高神社奥宮なので当たり前です。

 

P1014200.JPGP1014204.JPG

 

 

宿泊は、店長大好き「徳澤園」。

 

P1014208.JPG

P1014205.JPG

 

目の前に元牧場のテント場。

前穂がどーん!

 

お風呂上りにテラスでギネス。

最高。

P1014211.JPGP1014212.JPG

P1014216.JPG

夕暮れ時にはテント場のベンチで、仰向けになって昼寝。

空、きれいー。

散歩に出かけた友人達を見送り、店長、30分くらいボーっと寝転んでました。

 

もちろんヨガもやりまして、夕食時にもビールで乾杯♪

あ〜、あ〜、もう、本当に至福の時です。

自分で何にもしないで、ただ夕食が準備されるのを待って、そしてごちそうが目の前に並んでいるなんて。

ただ食べるだけでいいなんて。

 

その夜は満天の星空で、翌朝も、素晴らしい快晴。

 

P1014224.JPG

P1014221.JPG

 

合羽いらずの、最高の1泊2日でした。

 

 

女3人、2日間みっちり過ごしても話のタネは尽きません。

「えええー!」と驚く過去の出来事や、

「そうだったのー?!」という経緯や、

「実はね……」という暴露話も、

盛りだくさんの道中でございました。

普段は1人行動が多い我々ですが、誰かと一緒も楽しいものです。

「楽しいものです」なんてサラッと書いたけれど、本当に、めちゃくちゃ楽しかったです!

 

緑の天国で、至福の時を過ごしてきた店長、そのパワーを中寿美珈琲に込めて、皆様にお届けしたいと思います。

飯綱高原にも緑の天国、あるんです。

お待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 08:21
-, -, - -
紫の花の季節

梅雨入りしましたが、雨、あまり降りませんね。

今日は曇り、時々晴れ。

予報だと、午後に一時雨。

 

P1014152.JPG

 

雨は降らなくてもなんだか肌寒い飯綱高原。

午前10時の気温、12℃。

 

さて、6月から7月にかけては、紫色の花が咲きだします。

アヤメ、ミヤコワスレ咲きました!

P1014148.JPGP1014145.JPG

 

オダマキにラベンダーも。

オダマキ.jpgP1014149.JPG

 

ヤマブドウも、今のところたくさん実をつけています。

こちらはまだ紫ではありません。

P1014153.JPG

 

6月の風吹き抜ける飯綱高原、café中寿美です。

author:中寿美, category:季節・自然, 10:13
-, -, - -
新緑のcafé中寿美

寒くなく、暑くもない、一年で一番気持ちの良い季節を迎えた飯綱高原。

緑の中の喫茶店です。

 

P1014105.JPG

 

太陽がきらめいていますなー。

『陽射しが降り注ぐ』って、こういうことだなあ。

 

真冬の真っ白な雪景色が信じられないくらい、鮮やかな季節となりました。

同じく真冬の静謐さが信じられないくらい、おびただしい数の昆虫が動き出しています。

蟻があらゆる場所を徘徊し、チョウやガやガガンボやなんだかわからない羽虫たちが飛び交い、昨日もハチトラップにスズメバチ(女王)が捕獲されました。

先日も、今シーズン初の超速移動中の毛虫発見。

毛虫界のオリンピックで金メダル取れそうでした。ああ、いやだ、毛虫界のオリンピックなんて……。

 

そんな中、植物たちは美しい花を咲かせています。

 

P1014092.JPGP1014089.JPG

スノードロップ、ニリンソウ。

クリスマスローズ。

P1014090.JPGP1014091.JPG

青い芝桜とピンクの芝桜。

P1014080.JPGP1014081.JPG

タイツリソウ。

P1014076.JPGP1014077.JPG

シラネアオイ、サクラソウ。

P1014079.JPGP1014082.JPG

 

玄関周りを無防備にウロウロするヒガラ。

P1014094.JPGP1014099.JPG

巣作り材料かエサを物色中?

それとも、中寿美ご来店? 珈琲は1杯400円ですよ。虫で支払いはできませんよ。

 

 

新緑の飯綱高原、café中寿美で今日もお待ちしております♪

 

P1014104.JPG

 

author:中寿美, category:季節・自然, 08:14
-, -, - -
5月の花

いわきのアキコさんから頂いた桜、「思川」(左)が咲きました。

右は山桜。

 

P7074056.JPGP7074057.JPG

 

 

数年前にご近所のYさんが、「咲かせるの難しいけど、試しにここに植えてみたら」と4株くださったトガクシショウマ。

1株だけ、今年初めて咲きました〜!!

P1014042.JPG

「絶えてしまったか、あるいは草取りで取ってしまったかも……」と、完全に諦めていたのに、気づいたら咲いてました。

Yさんに報告しなくては!

 

ショウジョウバカマも初めて咲きましたが、なんだかずいぶん背が低い……。

ちょっと無様ですが、これ、ショウジョウバカマですよね?

P1014044.JPG

P7074047.JPGP7074055.JPG

P1014046.JPGP1014045.JPG

 

シラネアオイ、咲きました。

スイセンも咲き乱れています。

ニリンソウも咲き始めました!

 

花開くシーズンに入った飯綱高原です。

 

author:中寿美, category:季節・自然, 08:43
-, -, - -
GW振り返り

ブログをアップしないまま、ゴールデンウィークが過ぎました。

この間に、スイセンが咲き、山桜が開花し、木々は芽吹いて、季節の変化がありました。

少し遅れましたが、GW中の草花を一挙公開です〜♪

 

日に日に緑を増していく飯綱高原。

 

P1014033.JPG

P1013994.JPGP1013995.JPG

 

5月2日に、植えた覚えのないカタクリが咲いているのを発見。

中寿美敷地内で、初めて目にするカタクリの花。いつの間に?

スイセンも咲きました。

 

P1014007.JPG

 

↑5月4日、山桜開花。

↓いわきのアキコさんから頂いた桜『思川』も、今年初めて花芽がつきました!

 

P1014030.JPG

 

P1014014.JPGP1013991.JPG

P1013981.JPGP1013984.JPG

P1013987.JPGP1013980.JPG

 

芝桜、レンギョウ、スミレ、クリスマスローズ。

山シャクヤクも蕾を出しました。

今年は雪解けも遅かったので、草花の始動もちょっと遅めな感じです。

 

そして。

フィギュアスケート界は歴代最高記録が頻発しておりましたが、

café中寿美もこのGW中に、売上来客数ともに歴代最高記録を大幅に更新しました!

ありがとうございます!

「大幅」と言いましても、もともとがささやかな数字ですから、たいした幅ではないのです……。

でも、「あーお店やっててよかった!!(ブルゾンちえみ風)」としみじみ思う、幸せな時間をいただきました。

来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

そして、GW中にはいらっしゃらなかった皆様、また静かな通常期にお待ちしております♪

 

5月7日、GW最終日の夕方のcafé中寿美。

波が去っていった静けさです。

 

閉店後のビールが、大変美味しかったです。

ありがとうございました。

 

 

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 16:50
-, -, - -
今日も雪です

4月も中旬に入りましたが、飯綱高原は雪景色。

 

P1013908.JPG

 

さすがに積雪はしないと思うのですが、春とは思えない勢いでバンバン降っています。

 

テラスの雪がなくなったので、今日あたりからテラス席解禁、と思っておりましたが、この雪ではテラスで憩う雰囲気ではなさそう。

P1013909.JPG

 

野鳥のさえずりを聞きながらのテラス席珈琲は、もうしばらくお待ちください。

 

薪ストーブも、なかなか役目を終えられません。

 

P1013784.JPG

 

まだまだ雪景色と薪ストーブのcafé中寿美で、今日もお待ちしております♪

author:中寿美, category:季節・自然, 10:27
-, -, - -
春の始まり

雪解けも進み、ようやく飯綱高原も春が始まった感じです。

 

P1013878.JPG

 

といっても、まだこんなに雪が残っています。

 

雪解けとともに、薪仕事もスタート。

昨日は急きょ、午前の営業を休み、早朝から大町市まで薪を頂きに行きました。

昼前に運んできて、さっそく切って割った薪の山。

 

P1013884.JPGP1013883.JPG

 

けっこうな量の薪、1日でできました。

来シーズン以降の冬の暖かさの源です。

 

常連様がチラホラと、「平日営業も始まったね〜♪」とご来店くださって、元気をいただきながらのフル営業スタートです。

 

テラスの雪もこんなに解けました。

P1013880.JPG

テラス席解禁まであと少し!

 

雪の下ではすでに元気一杯のタイム。

P1013882.JPG

P1013881.JPG

柵を乗り越えて、溢れんばかりの勢いです。

今年の花壇はタイムが主役でしょうか?

 

春の始まりの飯綱高原café中寿美で、美味しい珈琲と一緒にお待ちしております♪

 

P1013886.JPG 

P1013879.JPG

 

author:中寿美, category:季節・自然, 17:52
-, -, - -
なごり雪

3月の下旬ともなれば、巷はすっかり『春』ですが、飯綱高原では雪が降っています……。

積雪約1センチ、今朝8時の気温8℃。

暖かくなりました〜!

 

P1013856.JPG

 

まだ雪が舞い、朝晩は冷え冷えの山の気候で衣装を選ぶと、街に降りた時にすっかり場違いなオバサンになります。

いつも買い物に行く街のスーパーに行き、この季節にスノーブーツやダウンジャケットをしっかり着込んだ人を見ると、秘かに「山の住人」認定して仲間意識を抱いている店長。

秋冬ファッションは先取りできるけれども、春夏ファッションには乗り遅れ必至の山住人。

 

P1013865.JPG

 

春はお別れと旅立ちの季節。

卒業、異動、転勤、引っ越し……などなどなど、慣れ親しんだ環境から離れて、新たな一歩を始める方々も多いと思います。

寂しさや、不安や、迷いを抱える方もいるでしょう。

嬉しいことも、辛いことも、ずっと続くということはないのがこの世の掟。

だから、きっと大丈夫です。

動き出せば、道は拓けます。

 

ということで、次のスタートまでのほんのひと時、移り変わる季節を、café中寿美で名残惜しんでみませんか。

 

P1013864.JPG

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 08:55
-, -, - -
メイプルシロップ!

ご近所のTさんに教わって、隣に住む姉夫婦が、メイプルシロップを作りました!

 

P1013850.JPG

左:Tさん宅のイタヤカエデからできたシロップ。

右:姉夫婦宅のウリハダカエデからできたシロップ。

 

メイプルシロップといえば、本来はサトウカエデから抽出した樹液を煮詰めたものですが、

 

「同じカエデなんだし、イタヤやウリハダでもできるんじゃない?」

 

という感じで、それぞれ、自宅に自生しているカエデで挑戦したところ、見事にできました〜!

メイプルシロップ特有のあの香りはあまりしませんが、味は驚くほど甘く、まさしくメープルシロップ!

美味しいです♪

 

イタヤ君の方が、淡い色ですが、味は濃い気がします。

ウリハダ君は、色は濃いけれども、甘味はまろやか。

どちらも優しくて癖が無く、でも甘味はしっかりとしています。

 

ある程度の太さのカエデから抽出するのが望ましいようですが、姉夫婦は株立ちしたこのウリハダを使用しました。

 

P1013855.JPGP1013853.JPG

P1013851.JPGP1013854.JPG

 

幹にドリルで穴をあけ、コルクで固定したホースからペットボトルに樹液を集めます。

集めた樹液を鍋で1時間ほど煮詰めて、だいたい、500〜600佞亮液から、スプーン1杯程度のシロップにしかなりません。

とても貴重で手間はかかるけれども、何も加えずにただ樹液を煮詰めただけで、こんなに甘く美味しいシロップになるなんて!

しかも自宅の庭に自生している木から採れるなんて!

 

「うまくできたら、中寿美のメニューに加えて大儲けだ!」とか、

「クッキーに入れて販売するのもいいかも!」とか、

「瓶詰にして売り出してもいいよね!」とか、

「T家のイタヤとM家のウリハダ、どっちが人気だろう?」なんて、捕らぬ狸の皮算用をしておりましたが、とてもとてもそんな量は採れませんですわ。

 

あっという間に味わっておしまいだけど、大地の味をありがとうございました。

イヤタ君、ウリハダ君、ごちそうさまでした。

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 07:34
-, -, - -