RSS | ATOM | SEARCH
一番嬉しかったこと

ある日、ご近所常連様Tさんから質問されました。

 

「今までで、『一番嬉しかったこと』ってなあに?」

 

え? 一番嬉しかったこと? ええと……。

店長が考えていると、すぐにTさんが言います。

 

「一番悲しかったことは、知ってる。だから言わなくていいわよ」。

 

あ、はい。その節は大変お世話になりました。

うーん、嬉しいことはいろいろあるけれど、「一番」ってひとつだけ挙げるとなると、すごく難しい。

店長が悩んでいると、Tさんが言いました。

 

「やっぱり、ウカイさん(店長の夫)と出会ったこと?」

 

あー、そうですね。それはもちろんそうだけれど……。

なんとなく、即答できない店長、逆にTさんに聞いてみました。

 

「Tさんは、『一番嬉しかったこと』って何ですか?」

 

すると、Tさんが答えました。

 

「私はね、孫と出会えたこと!」

 

あ〜!! そうかあ。

お孫さんと出会うには、娘さんに出会わないといけません。

そして、娘さんと出会うためには、ご主人に出会わないといけませんね。

そうですね、そうですね、いろいろ繋がって、そういうことですよね〜、と盛り上がるTさんと店長。

 

そして、店長は自分にとっての『一番嬉しかったこと(嬉しいこと)』を確信しました。

それは、『café中寿美を、やれていること』。

今現在、店を続けていられるのも、本当にいろんな人との出会いがあるからです。

夫ももちろんですが、家族友人親戚、ご近所様、そして何より、お客様です。

 

ある夜、夫にも聞いてみました。

 

店長:「ねえ、『今までで一番嬉しかったこと』って、何?」

夫:「えー? そうだなー……。あ、アレかな!」

店長:「何? 何?」

夫:「ガストの前で、1000円拾ったこと!」

店長:「え……?」

夫:「ガストの前の水たまりに、1000円札が浮いてたんだよ!

   あの時、嬉しかったなー!」

 

……。

 

気を取り直して、姉にも聞いてみる店長。

すると姉は答えました。

 

「『一番嬉しかったこと』?

 それはやっぱりアレだね!

 カツ丼頼んだらね、カツが2枚重なってたこと!」

 

似てる。

夫と姉、似ている……。

 

「卵でとじられたカツがね、箸でつかんでみたら、下にもう一枚あるんだよ!

 もうビックリ! ラッキー!! って感じでさ。

 一緒に食べてた友達に見せて、大喜びして。

 あまりの嬉しさにその人に分けることも忘れて、全部一人で食べちゃったね!」

 

喜びのカツの思い出を延々と語る姉を前に、『人ってホント、色々だなあ』としみじみ思う店長でした。

 

 

 

 

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 07:57
-, -, - -