RSS | ATOM | SEARCH
お彼岸の実家

祖母が亡くなって今月でちょうど10年。

お彼岸だったので、実家に帰省しました。

 

実家にて、仕事で遅れる姉を待ちながら先に夕食を始めていたのですが、そろそろ着く頃という時刻になると、父がソワソワし出します。

焼酎ですっかり出来上がった赤い顔をして、

「もう着くんじゃないか?」

「オレは待つのがホント嫌なの」

「なぁにをしとるんだぁ?」

と言いながら、ついには席を立ち玄関へ向かいます。

帰省する娘を待ちきれず、たびたび玄関の外にまで出て待っていたりする父。

 

「お父さんが外で待っていたって、お姉ちゃんが早く着く訳じゃないよー」

 

と言いながらビールを飲む店長に、「お父さん、いつもあんな感じ」と笑う母。

 

母:「『待つのが嫌い』なんて言って、これまでずっと人を待たせてきたくせに」

店長:「だよねー。いつもお母さんが、ご飯作ってお父さんの帰り待ってたね」

母:「そうだよ。『帰るコール』なんてなくても、いつも待ってたよー」

店長:「すごいね。お母さんたちの時代は、それが当たり前だったんだー」

母:「うーん、でもねぇ……一番待ってたのは、おばあちゃんだね……。

   家族の帰りをいつも家にいて待っていたし、おじいちゃんのことも待ったし。

   『私は待つ人生のような気がするよ』って自分で言ってたことあるけど」

 

……そうか。

祖父は出征した4ヵ月後に戦死したのに、9年も生死が不明でした。

終戦後、10年近くも祖父を待ち続けた祖母。

ビール片手にしみじみと仏壇を眺めていると、「ウヒョーッ、寒いッ!」と父が戻ってきました。

 

「上着も着ないで」「ヒートショックで倒れる」「酔っ払ってるのに」と怒涛の小言を母が浴びせる中、再び焼酎を飲み始める父。

そしてすぐに、「ただいま〜」と姉が玄関から入ってくる声。

 

おばあちゃん、みんな帰って来ましたよ。

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 10:45
-, -, - -
積雪!

この時期に!

湿った雪が約50センチ!

 

P1015130.JPG

湿っているのですぐに嵩は減りましたが、重ーい!

 

すっかり砂利が見えていた駐車場も、再び真っ白に覆われました。

 

わが家の最強除雪機ヤナセ君は、夫とご近所に出張のため、店長はフジイ君で除雪です。

「お役目終了!」と引退しかけていたフジイ君を叩き起こして、湿った重い雪に挑みます。

ガタガタするし、突然のエンストもしたけれど、それでも力を振り絞って頑張ってくれました。

もう7シーズン、一緒に冬を乗り切って来た中古除雪機フジイ君。

やっぱり愛着感じちゃう。

 

P1015131.JPG

 

店長の愛車ライフを発掘した跡。

P1015126.JPG

ライフの型ができました。

 

掘り出したライフの頭にはこんもりと雪。

P1015133.JPG

「ふぅーっ。なんか重いわー」

 

飯綱高原は冬景色に逆戻り。

雪が少ないシーズンと思ったら、ここへきて積雪50センチ。

そして早速急激に解け始めてシャーベット状に。

車の運転、足元にどうぞご注意ください。

 

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 14:24
-, -, - -
ぎんの嫌がらせ

先日、義兄が嬉しそうに言いました。

 

「この間ね、夜お風呂に入ろうとしたら、バスルームの床にぎん(飼い犬)のウンチがあったんだよハート

 

自宅の風呂場に犬のフンがあるという衝撃的状況にもかかわらず、義兄が嬉しそうなのには訳があります。

ぎんは、本来家の中ではトイレをしないのです。

でもその日、ぎんのトイレ係である店長が不在だったため、ぎんは一日中外に出られませんでした。

我慢できずに家中のどこでトイレをしようかと迷った末、一番迷惑がかからなそうなお風呂場を選んで用を足した、そのけなげな愛犬の配慮に感動する義兄のコメント。

 

たしかに、ぎんは外で用を足す時も、自宅玄関やガレージ前などは絶対に選ばず、庭の隅の草むらや道路の脇、除雪されたスペースでも必ず端っこを選びます。

どのみち店長が始末するので藪の奥に入っていかれると迷惑なのですが、一応、人様の迷惑にならない場所を、というぎんなりの配慮がうかがわれ、さらに用を足す時のぎんの目にも、「なんかすみませんこんなところで」的な肩身の狭い感じが漂っています。

 

ところが。

中寿美敷地内に限っては、その配慮がまったく感じられないのです。

駐車場の入口、真ん中、大事な看板のすぐ脇、玄関の真ん前、などなど、「え? え? そこで?!」という中寿美にとっては迷惑千万な場所をわざわざ選んでいるように見えるぎん。

しかも気のせいか、用足し時のぎんの目が「ヘッヘッヘ」と悪だくみに光っているように見える。

 

アイツ……。

やっぱり店長に対する嫌がらせか?

店長とぎんの、家族内ヒエラルキー最下位を巡る攻防戦は続くのであります。

 

 

P1015125.JPG

店長とぎん

author:中寿美, category:動物, 08:58
-, -, - -
春の雨

すっかり暖かくなりまして、飯綱高原も今朝は雨です。

 

P1015120.JPG

 

午前9時の外気温3℃。

 

春の初めの森はまだ殺風景ですが、室内ではクンシランがあざやかに咲いています。

 

P1015116.JPGP1015115.JPG

P1015113.JPG「今日は雨かあ」

 

春の雨は、なんだかボーっとしますね。

しとしと降って、じわじわと雪が解けて、ずぶずぶと駐車場の凍み上がりがゆるみます。

珈琲を飲みながらそんな雪解けの景色をボーっと眺めていると、魅惑の春の沼に沈んでいきそう。

 

P1015117.JPGP1013904.JPG

P1015118.JPGP1015119.JPG

 

『冬の作品展』の展示は3月いっぱいまで。

 

春の初めのcafé中寿美で、ボーっとしながらの珈琲、いかがでしょうか。

たまにはどっぷり春の沼に浸かるのも、なかなかいいものですよ。

 

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 09:12
-, -, - -
雪の朝の訪問者

昨日は店主風邪による突然の休業、誠に申し訳ありませんでした。

本日、元気に営業しております♪

 

今朝は、うっすらと雪が積もりました!

P1015107.JPG

 

玄関ステップにも雪。

人間の足跡以外に、小さな訪問者の跡も。

P1015101.JPG

P1015105.JPGP1015104.JPG

P1015102.JPG

 

「中寿美さん、風邪どう? 今日は営業するのかな?」

と、鳥ちゃんがやってきた模様。

昨日、ベランダの手すりから、コタツに座る店長を覗き込んでいたヤマガラ君に違いない。

お見舞い、ありがとう。ご心配おかけいたしました。

 

まだまだ白い飯綱高原café中寿美で、今日もお待ちしております♪

 

 

author:中寿美, category:季節・自然, 09:53
-, -, - -
3月9日臨時休業
本日(3月9日金)、店主体調不良のため、臨時休業いたします。
誠に申し訳ありません。
author:中寿美, category:お知らせ, 06:40
-, -, - -
解説いろいろ

オリンピックが終わってしばらく経ちますが、しつこくフィギュアスケートネタです。すみません。

 

平昌オリンピック期間中、店の営業日と重ならずにテレビの前でフィギュアスケート生放送を視聴できたのは、女子ショートプログラムだけでした。

その日、同じくフィギュアスケートファンである友人と電話をしながら、嬉々としてテレビ観戦した店長。

 

私たち二人とも、フィギュアの経験なんてまるで無しのド素人なのですが、演技を見ながら、「今の回転、足りてないかも!」とか「ジャンプ前の構えが長い」とか、「繋ぎが濃い」だの「薄い」だの、「レベル取れてるか微妙」等の技術的なコメントに加えて、「去年に比べてエレガントな滑りになった」などと各選手の変化にも言及し、いっぱしの解説者気分で喋りまくります。

一方テレビでは、「ダブルアクセル。降りた後の流れもありました」と淡々とジャンプ名を繰り返す解説の八木沼純子さん。

そのたびに我々、「見ればわかる!」「ジャンプの種類言うだけなら、私たちにもできる」などとエラそうなことまで言い出す始末。

調子に乗って本当にすみません。

 

でも店長が言いました。

 

店長:「だけどさ、じゅんじゅん(八木沼さんの愛称)にあって、私たちに無い圧倒的なものがあるんだよ」

友人:「何よ?!」

店長:「じゅんじゅんは、キレイ」

友人:「……そうだね。確かに……文句無し」

 

キレイは最強。

いやいや、それももちろんそうだけど、それ以前に私たち、フィギュアスケート経験ゼロですから。

ちょっと詳しいからって、知ったかぶりして解説にチャチャを入れるなんて、おこがましいにもほどがあります。

マニアはこれだから嫌われます。

 

でもおこがましさついでに言ってしまうと、荒川静香さんの解説も独特。

以前、彼女が解説で、

「宇野昌磨選手というのは、もう本当に小さい人間の頃から、非常に表現力というような面で、とても長けている、そういった雰囲気のあるような、そんな選手なのではないでしょうか……」

と「いうようなこと」を言っているのを聞いた時には、いつものように『という』『ような』およびその他の不要語を片っ端から赤線で削除したい衝動にかられたけれども、さすがに「『小さい人間の頃』? 『子供の頃』でよくない?」と声に出してツッコんでしまったことがあります。

 

どの解説も、個性があってそれぞれの魅力があります。

大好きなフィギュアスケートの選手たちが、引退後も解説者として活躍されているのを見るのは、嬉しい限り。

スケートの演技以上に、解説からその人柄が伝わる、ということも多々あります。

 

本田武史さんは解説者になったばかりの頃こそ、いるのかどうかわからないほど無言だったけれど、今や的確で端的でわかりやすい解説をされます。

織田信成さんなんて最初からそうで、ルールや技術のタイムリーな解説は、選手の頃より存在感を感じるほど。

鈴木明子さんや小塚崇彦さんの解説も聞き易いです。

安藤美姫さんや町田樹さんの解説にも、選手とスケートに対する愛が感じられて好感が持てます。

村上佳菜子さんもすごく頑張っていてこれからが楽しみ。

 

選手時代とはまた別の魅力が発見できるので、競技と併せて、解説も楽しんでいる店長です。

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 13:24
-, -, - -
3月の雪

3月のcafé中寿美。

 

P3025092.JPG

午前10時の気温、0℃。

 

昨日、久しぶりに雪が積もりました。湿った重い雪が10センチほど。

すぐに解けるだろうと車のタイヤで圧雪したところ、今朝の冷え込みで固まった凹凸がやや気になります……。

 

雪があるとはいえ、もう日差しも空気も朝起きた時の感覚も、「春」という感じです。

中寿美前の道路には雪はありません。

 

左:バス停方面   右:飯縄山方面

P3025096.JPGP3025097.JPG

 

いよいよ春ですよ♪

3月も、雪残る森で美味しい珈琲を用意して、お待ちしております。

 

P3025094.JPG

P3025100.JPG

 

author:中寿美, category:季節・自然, 10:18
-, -, - -
汚い話ですみません

先日、友人と2人でランチに行きました。

 

席について、さっそく喋り出す我々。

するとたまたま、匂いの話題になりました。

『としごろの娘が父親を「臭い」と言い出すのは、生物学的にも理にかなっているらしい』という話。

 

店長:「自分の遺伝子と近いと、より『臭い』と感じて避けるから、多様性に繋がるみたいで」

友人:「加齢臭って誰でも臭いに違いないけど」

店長:「でもその臭さを母親が娘ほど感じてなさそうなのは、

    夫は遺伝子的に近くないから」

友人:「そうか、娘は父と遺伝子的に近いけど、妻は全然近くないからね」

店長:「たしかに、夫の匂いって気になりませんね。

    まあ、自分の匂いもわかんないんですけど」

 

という調子で、『匂いの話』で盛り上がっていたところ、隣のテーブルで食事中のカップルの女性に突然遮られました。

 

「あの、すみません。食事中なんで!」

 

「あ! すみませんっ」と恐縮してすぐに謝った店長たち。

「ずっと我慢してたんですけど」と畳みかける女性に、「あ、ホントそうですよね、すみませんでした……」と平謝りの我々。

たしかにたしかに。配慮に欠けました。本当にすみません。

しかも、店長、楽しくてテンションが上がっていたので、もしかしたら自分が思う以上に声が大きかったのかも。反省。

隣のテーブルの男女は、ほぼ会話なく静かに食事中で、完全に店長達の話がストレートに耳に入る状態だった様子。

無口な男女が、『匂い(しかも臭い系)の話』をBGMに食事することになっていたなんて、大変申し訳ありません。

 

でも、けっこう盛り上がっていた話題の停止を余儀なくされて、若干シラケてしばし黙り込む我々。

えーと、何を話そうかな……。

 

すると、友人が唐突に話題を提供しました。

 

友人:「今年、雪少ないよね!」

 

そそそそうそう、こういう時は気候の話がいちばん無難。

 

店長:「うんうん、そうだね! 雪は少ないけど、でも寒いよね!」

友人:「そう! 寒いよね! うち、それで水道凍っちゃって」

店長:「えーそれは大変。キッチンの水道?」

友人:「キッチンもそうなんだけど、困ったのはトイレで」

店長:「……」(あ、まずい……)

友人:「トイレが凍っちゃって、流れないの……」(あ、まずい……と気づく表情)

 

またしばらく沈黙が続く私たち。

 

トイレがどう流れないのか、店長としては聞きたいところだし、多分友人のその手の話は面白いはず。

さらに極寒の公衆トイレで自分が体験したエピソードも披露したかったけれど、今はできない。

すごく面白い話になること請け合いだけど、今はできない。絶対に!

だけど、何か話し始めなければ不自然で、逆に注意した女性に気を遣わせてしまう。

 

沈黙しながら、「何か話さないと!」と焦るけれども、考えれば考えるほど、どんな話も汚くなりそう。

すると、目の前の友人が諦めたように言いました。

 

「結局ね、私たちの話はどうしたって汚い話になるんだよ」。

 

いやもうホントにその通り。

笑いを堪えきれない店長。

汚い話、意外に深くて考えさせられるし、面白い。

だけど、食事中はダメです。状況をわきまえないといけません。

周囲にどんな繊細な人がいるのか計り知れないのです。

配慮って大切。

我々の話題を強制終了させたその女性が、テーブル席に座ったまま携帯電話で豪快に通話する姿を思い出しながら、いろいろ気をつけようと思った店長です。

 

 

 

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 09:27
-, -, - -
2月の予定

2月の予定のお知らせです。

 

☆2月の営業日☆ 冬季(1月〜3月)は(金)(土)(日)のみ営業中

 

2/2(金)・3(土)・4(日)・

 9(金)・10(土)・11(日)・

 16(金)・17(土)・18日・

 23(金)・24(土)・25(日)

 

2/12(月)は祝日ですが、お休みいたします。

大変申し訳ありません。

 

平昌オリンピックフィギュアスケート競技開始時間が、中寿美オープン時間の午前10時からって!

しかも、フィギュアの行われる日程のほとんどが中寿美営業日の(金)(土)(日)!

どういうこと?

でも、ご安心ください。

フィギュアスケートよりも、仕事が大事です。大事です。大事です。(言い聞かせています)

訪れてくださるお客様が大事です。もちろんです。

だから、皆様もテレビから離れて、雪のcafé中寿美へいらしてください。

オリンピックの生放送中だなんて忘れるほどの、多くの皆様のご来店をお待ちしております。

 

P1015020.JPG

P1015023.JPG

P1015024.JPG

P1015027.JPG

author:中寿美, category:お知らせ, 21:18
-, -, - -