RSS | ATOM | SEARCH
後ろ向きで進む

店を始めて10年以上経つのですが、いまだに、一度にたくさんのお客様がご来店されると、「どうしようっ!」と焦ります。

イベントを企画しても、「万が一、店のキャパを超えるほどの来客数があったら、どうしよう」と心配して、チラシ配り等の宣伝をためらったりしています。

 

姉や友人達から、「商売やってるのにヤル気なさすぎ」とか、「『お客さん沢山来ちゃったらどうしよう』って、ワケわかんないよね!」と呆れられます。

 

そこで店長が、

 

「自分が理想と考える、提供したいサービスの質があるんです。

 それを自分一人でできる範囲もわかってる。

 その範囲を超えて一度に多くのお客様が来れば、当然サービスの質が落ちる。

 結果、お客様の満足度も落ちる。それを心配しているのです。

 けっして自分が怠けたいからじゃないのです」

 

と反論すると、「え? そうなの? ラクしたいからだと思った」との反応。

 

「ラクしたいからじゃ、ないんですー。

 長い目で見て、自分が理想と思う形で、お客様に対応したいのですー」

 

と店長が畳みかけると、姉が言いました。

 

「あ、でも、結局、自分本位だよね? 

 『自分の思う通りにやりたい』ってことで。

 自分に負荷がかかる状態はヤダってことで」

 

あ?

あれ? 

あれあれ? そういうことになるのか。

なんだかよくわからなくなって考え込む店長に、友人が言いました。

 

「いいんだよー。フミコさんはそれだからいいんだよー。

 ガツガツしてない感じが、中寿美の良さなんだよー」

 

あああありがとう〜!

優しい言葉にはすぐなびく店長。

甘やかしてくれる人、大好き。

でも、めちゃ厳しいスパルタの姉にも、大変感謝しております。

 

ガツガツしてないかもしれないけれど、こんな調子なのでお腹は常に空いています。

だからいつも、満腹を夢見て皆様をお待ちしております。

それでも、続けていられることが何よりありがたいです。

後ろ向きのまま前進をめざす11年目のcafé中寿美です。

 

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 09:52
-, -, - -
記念バッジ、送ります。

昨年迎えた10周年を記念して、オリジナルバッジを作りました。

 

P1014472.JPG

 

ご希望のお客様に、ご来店者に限りプレゼントしておりました。

「遠方でご来店が難しいけれど欲しいというお客様は、ご連絡ください」とブログに書いたところ、有難いことにいくつかお問い合わせがありまして、お送りしております。

そして、まだまだバッジは残っております。

 

というわけで、遠方等でご来店が叶わない皆様、返信用封筒をお送りいただけましたら、バッジお送りいたします。

 

実は、このバッジ、なんと500個も作っちゃったんです。

300個でいいかなあ、と悩んでいたら、「え、それは500個でしょ。それぐらいすぐ捌けるよ。500だよ500」と、なんでも大きく出る姉が言ったのです。

ロスが出るのを何より恐れて小さくまとめようとする店長とは反対に、まずは大風呂敷を広げる傾向にあるギャンブル向きのバブル世代の姉。

結果、150個余ってます!

あ、ということは姉の予想でOKということになりますね。

 

「お一人様1個まで」と謳いながらも、実はたくさんあるものだから、常連様には何個も渡そうとしては、「いや、1個で充分だから」とやんわり拒否られ、秘かに傷ついていた店長。そりゃそうです、そんなに同じバッジ何個も要らない。

でも、先日ご近所の方が配りものにいらしてくださった時、このバッジを胸に付けてくださっているのを発見して、すごく嬉しかったです。

店長だって、胸に付ける勇気ないのに。

ありがたくて嬉しくて涙出そうです。

 

それでは、バッジの送付をご希望される方がいらっしゃいましたら、

お送り先のご住所宛名を記入した定型サイズの返信用封筒に、82円切手(バッジ1個の場合)を貼って下記までお送りください。

ご家族分等でバッジ2個以上をご希望の場合は、92円切手を貼ってください。

 

 〒380-0888

 長野市大字上ケ屋2471-1127

 café中寿美 宛

 

バッジがなくなり次第終了となります。

もちろん、店頭でも引き続きプレゼントしておりますので、ぜひどうぞ〜♪

 

author:中寿美, category:お知らせ, 10:23
-, -, - -
2018年営業スタート

本日より、2018年の営業をスタートしました。

お待たせいたしました〜♪

今年も美味しい珈琲、淹れますよ〜!

本年もcafé中寿美をどうぞよろしくお願いいたします。

 

そして、さっそくお知らせ、いくつかございます。

 

☆冬の作品展☆

 

P1014685.JPGP1014683.JPG

P1014811.JPG

 

(金)(土)(日)のみの営業となります冬季(1月〜3月)、数名の女性たちによる作品展を開催中!

アクセサリー、洋服、小物など、どれも丁寧に手作りされた、温かみのある、それでいてセンスの光るものばかり。

お手頃価格で販売もいたします。

雪景色と珈琲と一緒に、ぜひお楽しみください。

 

 

☆新メニュー「アイスケーキ」☆

 

なぜか冬に冷たいデザートの登場です。

ドライフルーツとナッツのアイスチーズケーキ。

 

P1015006.JPG

 

イタリアの伝統的お菓子「カッサータ」を参考に、中寿美流にアレンジしました。

薪ストーブの暖かさと一緒に食べると最高です(店長お試し済み)。

チーズとナッツの甘さ控えめなので、ワインにも合います(店長お試し済み)。

でも中寿美にワインは無いので、珈琲・紅茶と一緒にぜひどうぞ♪

冷たくて固いので、のんびり溶かしながらゆっくり味わってください。

 

☆中寿美だより 冬号☆

 

P1015008.JPG

 

昨年秋に創刊した「中寿美だより」、第2号ができました!

ご来店の際はぜひお手に取って、読み終わったら、人目につきそうな場所において下さ〜い。

 

 

2018年も、皆様のお越しを心からお待ちしております♪

 

author:中寿美, category:お知らせ, 10:12
-, -, - -
ヤナセ君最高

冬の初めに、わが家の新入除雪機「ヤナセ君」をご紹介しました(2017年11月25日のブログ参照)。

 

P1014841.JPG

 

あれから、除雪に関するブログがまったく登場しないので、

 

「あれ? 飯綱は雪が降ってないのかな?」

「雪は降っているけど、ヤナセ君が調子悪いのかな?」

「もしかして、店長は除雪をサボっているのかな?」

 

などと思っていた皆様、全部間違いです。

年末から積雪30cmくらいが3回ありましたが、ヤナセ君、絶好調であります!

しかも、店長との相性も抜群。

パワーがあって、安定感があって、でもそれなのに静か。

何がイイって、操作方法の手順と注意が、ちゃんと操作パネルに書いてあるんです。

キーをひねるとすぐにブルルンと反応してくれる。

ガタガタしない。ブレブレしない。

左右の方向転換もスムーズ。

すごい、全然、壊れる気がしない!

 

あ、除雪機って、そういうものですか?

でも中寿美にとってはそうじゃなかったんです。

深々と積雪してて、雪がバンバン降っていて、今まさに除雪しなければならない状況で、「壊れる気がしない」っていうこの安心感が、どれだけ素晴らしいことなのか。

店長は、この10年間でよーく学びました。

 

鍵穴は凍り付くし虫が巣を作るし、クラッチを切らずにギアを入れ、スロットルの調整を知らず、ガス欠やバッテリー上がりで「故障だ」とキレたりして、何度も砂利をかんではロータリーのボルトを折っていた店長。

店長の心も何度も折れたなぁ。

交換用の折れボルトとスパナと、ヒューズもポケットに入れてから除雪をして、止まってしまった除雪機のけん引方法まで教わりました。

雪の中で泣いた回数は数知れず。

 

でも、ヤナセ君のおかげで、そんな日々についに終止符が打てるのでしょうか。

除雪機との悪戦苦闘記事を楽しみにしていた方がいたら申し訳ありませんが、除雪ネタとはおさらばかもしれません。

ヤナセ君、最高。

購入を仲介してくれた常連様のKさんとその息子さんに、本当に感謝。

そしてこれまで機械音痴の店長を育ててくれた除雪機とご近所さん達にも感謝。

 

今日も飯綱高原は雪。

店長の仕事始めまでに、また積もりそうです。

ヤナセ君との除雪シーズンが始まっております。

 

author:中寿美, category:除雪, 11:43
-, -, - -
年越し2017‐2018

2017年の大晦日も、落語を聞きながらの料理で始まりました。

大晦日には、「芝浜」を聞くと決めているのです。

今回は、立川談志の芝浜。いいなあ。

 

そして夜は紅白。

誰が出るのか全く知らないまま見始めた店長ですが、どっちみち、普段テレビをほぼ見ないので、半分くらいは知らない人たちなんです。

だから、すごくビックリしました。

三浦大知が紅白に出るなんて!

見逃さなくて良かった……。

三浦大知は知っているよ。

たまにYouTubeで見ちゃうくらい、知っているよ。

ちょっと別格な気がします。

 

さて、今年も恒例の戸隠奥社に行ってきました。

ドラマ仕立ての桑田さんの登場あたりで紅白視聴を中断し、某Iスポーツ関係者と行く二年詣り。

今年は比較的暖かく、雪も降らず、神秘的な月明かりで明るい!

 

P1014960.JPGP1014973.JPG

DSCN0145.JPG

P1014963.JPG

 

随神門前の狛犬の髪は、今年はそれなりの量でしょうか。

雪が少なかった去年は少なめで、某IスポーツK店長によって「トランプ大統領」と命名されましたが、今年はH君による「モーツァルト」で決定。

向かって右の狛犬くんに注目しがちですが、左手にもひっそりともう1匹います。

 

P1014964.JPG

「ボクもいるよ」

 

DSCN0164.JPG

 

最年長の年女の店長、息を上げながらも、今年はなんとかみんなに後れを取らずに到着!

すっかり参拝客がいなくなっている隙に、恐る恐る厳かな拝殿を撮影。

 

P1014976.JPG

 

その奥に美しく妖しく、神々しくそびえる戸隠山。見えるでしょうか?

P1014982.JPG

おぉぉぉ……。鳥肌ものです。

 

恒例の新春記念撮影。

P1014981.JPG

 

月夜の参拝ハイキングに、すっかり心が浄化された気分。

 

DSCN0163.JPG

P1014985.JPG

DSCN0174.JPG

駐車場までファンタジックなこの景色。

 

今年は参拝後に、中寿美にて鍋パーティ。

宴会が終了したら、朝4時を過ぎておりました。

 

さて、2018年が始まりました。

今年も皆様ににとって良い年になりますように。

新年の営業は、1月12日(金)スタートです。

もうしばらくお待ちください♪

author:中寿美, category:季節・自然, 22:17
-, -, - -
寂しいかどうか

飯綱高原のひっそりとした森の中でお店をやっていると、お客様からたまに聞かれることがあります。

 

「寂しくないですか?」。

 

賑やかな街中からお越しのお客様には、この森は辺境でうら寂しく、とても人が暮らす場所には見えないのかなあ。

でも実は、中寿美周辺にはかなりの定住者がお住まいで、多少距離はあるとはいえ、ご近所さんも多数なのに。

毎回そう思っていたのですが、この間、ご近所さんにも言われました。

 

「一人で寂しくないですか?」。

 

え。

ああ、場所というより、「一人で」寂しくないか、ということでしたか。

 

いずれにしても、店長はそのたびに、「いやあ、寂しくないですねえ」と答えています。

実際、一人で働くというのは、気楽です。

売上が芳しくなくても叱る上司はいないし、ミスを連発してイラつかせる部下もいません。

自分の段取りが悪くても自分が大変なだけで、迷惑をかけてしまう仲間はいません。

新しいメニューやイベントを考えるのに、企画書を書く必要もなければ、報告書も会議も飲み会もない。

 

でも。

寂しくないのは、そういう気楽さが理由ではありません。

どうして店長は「寂しくない」と答えるんだろう?

 

改めてそう考えてみると、中寿美をめぐる出来事を、一緒になって喜んだり悲しんだりしてくれる人たちがいるからだと気づきます。

「この週末は繁盛したんだよー!」

「お客様からこんなことを言われて嬉しかったよ」

などという店長の報告に、まるで我がことのように喜んでくれる人達。

「この時期は、お客様少ないな……」

と意気消沈の店長に、同じようにションボリしてくれる人達。

店長のブログを読んで、

「あの話、わかるわ〜」とか「あの時のこと、良かったね!(辛かったね!)」などと共感してくれる人達。

その人たちの存在がなかったら、きっとすごく寂しいに決まっています。

別に、励ましや助言や助力がなくてもいいんです。

 

寂しいかどうかは、場所だとか距離だとか人数だとか、そいうことではなく、一緒になって苦楽を共に感じてくれる人の存在で決まるような気がします。

たとえ誰かがすぐ近くにいたとしても、それを共有できないとしたら、とんでもなく寂しいはず。

 

一人で働くのは、正直に言っちゃうと「全くこれっぽちも寂しさが無い」訳じゃないんです。

結局のところ、誰だって本当は自分一人。

寂しさがあるから、それに耐える力を身に付けようと思える。

寂しさがあるから、誰かの寂しさを思い遣れる。

たぶん、「ちょっと寂しい」ぐらいがちょうどいいんです。

仕事も財布も人生も。

 

というわけで、実は寂しがり屋の店長、皆様の心優しい共感に厚く感謝申し上げる次第です。

 

 

 

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 07:40
-, -, - -
ボルダリング初挑戦

先日、友人にボルダリングに連れて行ってもらいました。

ボルダリングは、素手で岩や石を登るスポーツで、2020年の東京オリンピックで正式種目にもなりました。

壁に取り付けられた石には、レベルによってそれぞれスタートとゴールがあり、決まった石しか掴めないというルールがあります。

石の形も大きさも様々で、掴みやすいものもあれば掴みにくいものもあり、さらには足の置き場となる石も、こちらの都合の良い場所にあるとは限りません。

だからどの石を使ってどう手足を配置してゴールまでたどり着くか、考える作業もあるので頭も使います。

 

初めてボルダリングに誘われた時、

 

「いやムリムリムリ! 

 もうトシだし、近ごろめっきり運動不足で筋力の衰えを自覚しているし、もともと膝も悪いの。

 絶対に出来ない自信がある!

 それに、腕の力が全然なくて、とてもじゃないけど重い重い下半身を支えられる気がしない!」

 

と言ってみたのですが、友人が言うには、「腕の力じゃないんだよ。どちらかというと壁にへばりついて足で体全体を上げる感じだよ」とのこと。

えーと、足の力も無いでーす。

 

でも、自分の中にかすかに存在する「小学生」が、すごく行きたがってしまったのです。

まだ細くて体が軽くて、膝痛や贅肉が皆無だった小学時代のフミコが、「やってみたい!」とせがむのです。

 

というわけで、ボルダリング経験者の友人達と、女3人で行ってきました!

まずはスタッフの方の説明を聞き、友人達の登る様子を眺める初心者の店長。

目の前で、せり出す壁をロープも道具もなく人が登っていくのを見ると、意外と簡単に登れそうな感覚に陥ります。

「あれ? 意外と、私にもできるんじゃない?」なんて。

それに何より面白そう。

だんだん、登りたくてウズウズしてくる店長。

 

そして、いよいよ初心者向けのコースから、ボルダリング初体験です。

ナニコレナニコレ、面白いー!

でもはやり、スタートすらできないという状況を迎えます。

手の位置が比較的低いところからのスタートで、両手両足がそれぞれ石に乗った瞬間に、壁から剥がれるようにぺろんとマットへ落ちる店長。

あ、あれ?

スタート地点の、床から足までわずか数センチの位置で、落ちる(というより倒れる)……。

友人達が、難なく始めた第一歩すら、自分にはできないのです。

 

心に小学生はいますが、体はしっかりアラフィフの模様。

見ているのと、やってみるのとでは大違い。

でも、『できないと、できるまでやりたい』『「見て見て!できたよ!」と見せたい』というまさに小学生のメンタリティがメラメラと再燃するのです。

 

その後も、背後から友人達のアドバイスを受けながら、新しいコースにチャレンジする店長。

 

友人M:「ハイ、まず右手をあの石にかけてー」

店長:「あ、コレ? ハイッ」

友人M:「そしたら右足をその丸い石に。見える?」

店長:「うん見える。で、その次は?」

友人M:「イヤ、だからまず、右足をそこに置いて」

店長:「それはわかった。だからその先!」

友人K:「え、なんでその先……?」

友人M:「まず右足置いて。その後はそれから言うから!」

店長:「違うの違うのっ。右足置いたらすぐ次の動作に移りたいの! 早くっ!」

友人M:「いいからまず右足を置くんだ!」

友人K:「(笑)性格出るね〜。『その先』教えろって、意味わからない(笑)」

 

そして意を決して右足を丸い石に置いた瞬間、「ひゃ〜っ」と言いつつマットへと落ちる店長。

 

あー、面白かった!

確かに性格出ますね。人生も出るかも。

次回を楽しみにする店長です。

 

 

 

 

 

author:中寿美, category:店長のひとりごと, 09:02
-, -, - -
2017年もありがとうございました♪

昨日(12月22日)にて、今年の営業を終了いたしました。

2017年もcafé中寿美をご愛顧いただきまして、どうもありがとうございました!

毎年、皆様のおかげで続けることができております。

 

ここ数年、年内最終営業日は「ヨルナカズミ」で賑やかに終えていたので、今回平日の通常営業で締めくくると「最終日に来客ゼロだったらどうしよう!」との危惧がかすかにありましたが、新規のお客様もあり、いつもの常連様といつものように終えることができました。

ありがとうございます。

そして、今年ご来店くださったすべてのお客様、本当にありがとうございました。

お一人お一人に、頬ずりしてギューッとしたいところですが、いろいろ問題がありますのでやりません。

 

今年も、楽しいこと、大変なこと、嬉しいこと、腹の立つこと、感動すること、悲しいこと、ドキドキすること、悔しいこと、いろいろあった中寿美の一年。

でもまとめると、「幸せな」一年でした。

なんだかんだあっても、日々営業できることは幸せです。

 

新年の営業は、1月12日(金)よりスタート。

1月〜3月は、(金)(土)(日)のみの営業となります。

2018年もcafé中寿美をどうぞよろしくお願いいたします。

 

ブログは引き続きたびたびUPすると思います〜。

よろしくお願いします。

 

author:中寿美, category:お知らせ, 08:27
-, -, - -
冬のヨルナカズミ2017

昨夜は、一晩だけの夜営業、「冬のヨルナカズミ」でした!

暮れのお忙しい中、ご来店いただきました皆様、どうもありがとうございました♪

 

KIMG1621.jpg

 

看板をライトアップして、なんだかイケてる店風です。

 

夏のヨルナカズミでは、オープン直後からまさかの満席で完全にパニクった我々でしたが、今回、出だしはゆったりスタート。

おかげで撮影ができました。

 

↓pm5:00のオープン直後。

ヨルナカズミ1712.jpg

ヨルナカズミの晩だけに登場する謎のマスターは、ホール&ウィスキー担当です。

 

お料理メニューもこの隙に少しだけ撮影。

P1014943.JPGKIMG1624.jpg

KIMG1622.jpgKIMG1625.jpg

KIMG1623.jpg

 

他にも美味しそうなメニューが全11品。

今回もロジェ・ア・ターブル、安達シェフ&ヒロコさん、頑張ってくださいましたー♪

実際すごく美味しくて、お客様にも大好評でした!

 

P1014941.JPG

なぜかニット帽のシェフ。

奥様と一緒のせいか、鼻歌交じりに快調にお料理中。

 

そしてこの後、あっという間に満員御礼!

満席状態でさらにお客様が訪れて店長が焦るも、はじめの方のお客様から「ここ空くよー」とのご配慮。

その繰り返しで、奇跡的にご来店いただいたすべてのお客様に、スムーズにお座りいただけました。

皆様、ありがとうございます。

 

この夜のお箸は、中寿美オリジナル。

P1014935.JPG

 

数名の方に、また渡しそびれた店長手作りクッキー。

P1014937.JPG

 

いつもの方々、ヨルナカズミ初の方々、ご来店本当にありがとうございました。

また来年もやりますよ〜♪

お楽しみに。

 

 

さて、café中寿美の通常のカフェ営業は、12月22日(金)までとなります。

新年の営業は、1月12日(金)からスタート。

1月〜3月の間は、(金)(土)(日)のみ営業です。

 

残り少ない2017年の中寿美珈琲、ぜひ飲み納めにいらしてください。

今年もやりきった感の店長が、お待ちしております♪

 

 

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 11:22
-, -, - -
12月の予定

12月の予定のお知らせです。

いよいよ今年のフル営業もあとわずか。

年内最終営業日は、12月22日(金)です。

1月〜3月の冬季は、(金)(土)(日)のみの営業となります。

平日組の皆様、年内のうちにぜひどうぞ♪

 

☆12月の休業日☆ 定休日:毎週(月)&第3(火)

 

12/4(月)・11(月)・18(月)・19(月)・23(土)〜31(日)

 

12/16(土)はイベントのため、通常営業はpm4:00まで(ラストオーダー3:30)です。

 

 

 

☆冬のヨルナカズミ☆

12月16日(土) pm5:00〜9:00の間いつでも

 

一晩だけの夜営業、「ヨルナカズミ」です。

午後5時以降は、ビール・ワイン・スパークリングワイン等のアルコールも登場。

もちろん、珈琲などのソフトドリンク、ノンアルコールドリンクもございます。

お料理は、おなじみ「ロジェ・ア・ターブル」さん。

お好きなメニューを、お好きにオーダーしてお楽しみください♪

お待ちしております!

 

 

author:中寿美, category:お知らせ, 18:06
-, -, - -